妊娠糖尿病|藤沢駅の糖尿病内科・内分泌内科|藤沢駅前糖尿病・甲状腺クリニック

診療時間 日・祝
08:00-12:00
13:30-17:00

休診日:日曜・祝日
※診療受付は診療終了時間の30分前まで
※入口の扉は診療開始時間の10分前に開きます

ご予約・お問い合わせはこちら0466-53-7715
〒251-0052
神奈川県藤沢市藤沢600松涛園ビル1F
  • 診療時間
  • 地図
  • メニュー

妊娠糖尿病とは?

妊娠に伴う身体の変化によって血糖値のコントロールが正常に行われなくなり、糖代謝異常を起こして血糖値が高くなり過ぎてしまうのが「妊娠糖尿病」です。妊娠して初めて糖代謝異常を起こした場合「妊娠糖尿病」と言い、もともと糖尿病の人が妊娠した場合は「糖尿病合併妊娠」と言います。また、診断はされていなかったものの、妊娠前から糖尿病を発症していた可能性が高い場合は「妊娠中の明らかな糖尿病」と言います。
妊娠糖尿病の罹患率は妊婦全体の約12%といわれ、8人に1人と多くの妊婦が発症する計算になります。めずらしい病気ではありませんが、妊娠糖尿病によって流産や早産のリスクが増加したり、赤ちゃんの合併症のリスクが増加するため、注意が必要です。

妊娠糖尿病の原因

藤沢駅・藤沢駅前糖尿病・甲状腺クリニック

通常は、膵臓から分泌される「インスリン」というホルモンの働きにより、血糖値が上昇し過ぎないようになっています。妊娠すると、胎盤から分泌されるホルモンの影響でインスリンが効きにくくなったり、胎盤でインスリンが分解されたりして、血糖値が上昇しやすくなります。血糖値の上昇が一定の基準を超えると、妊娠糖尿病と診断されます。
妊娠前から肥満があったり、ご家族の中で糖尿病の方がいる場合は、妊娠糖尿病になりやすい傾向があります。

妊娠糖尿病の症状

妊娠糖尿病そのものは、自覚症状はほとんどありません。しかし、妊娠糖尿病の合併症は、妊婦と胎児に悪影響を及ぼすため、注意が必要です。

ママへの合併症

  • 流産 ・早産
  • 妊娠高血圧症候群
  • 羊水過多
  • 巨大児による難産

など

赤ちゃんへの合併症

  • 先天奇形
  • 子宮内胎児死亡
  • 巨大児
  • 新生児低血糖症
  • 低カルシウム血症
  • 呼吸窮迫症候群
  • 高ビリルビン血症

など

妊娠糖尿病の検査

藤沢駅・藤沢駅前糖尿病・甲状腺クリニック

妊娠初期の随時血糖値(いつも通りに食事をした状態での血糖値)が95-100mg/dL以上の場合、もしくは妊娠中期の随時血糖値が100mg/dL以上か、50gグルコースチャレンジテスト(50gのブドウ糖を含んだ検査用の飲み物を飲んだ後、1時間後に血糖値を測定する検査)の値が140mg/dL以上の場合、妊娠糖尿病の診断のため、75g経口ブドウ糖負荷試験(空腹時に75gのブドウ糖を含んだ検査用の飲み物を飲んだ後、1時間後と2時間後に血糖値を測定する検査)を行います。
75g経口ブドウ糖負荷試験の結果、①負荷前(空腹時)血糖値が92mg/dL以上、②負荷後1時間血糖値が180mg/dL以上、③負荷後2時間血糖値が153mg/dL以上、のいずれか1つ以上を満たす場合、「妊娠糖尿病」と診断されます。

出産後の注意点

藤沢駅・藤沢駅前糖尿病・甲状腺クリニック

妊娠をきっかけにして血糖値が上昇するので、多くの場合、出産後は血糖値が元に戻ります。しかし、妊娠糖尿病を発症した妊婦の約20%は分娩後5年で糖尿病を発症したという報告もあり、注意が必要です。産後6~12週で75g経口ブドウ糖負荷試験を行うことが推奨されており、その後も定期的な検査を行い、糖尿病の早期発見や、次回の妊娠に備えた血糖コントロールが必要となります。
産後の生活では適切な食事と適度な運動を心がけ、糖尿病の発症予防につなげましょう。