お知らせ・コラム|藤沢駅の糖尿病内科・内分泌内科|藤沢駅前糖尿病・甲状腺クリニック

診療時間 日・祝
08:00-12:00
13:30-17:00

水曜日は女性医師が担当いたします
休診日:日曜・祝日 水曜日は女性医師が担当いたします
※診療受付は診療終了時間の30分前まで
※入口の扉は診療開始時間の10分前に開きます

ご予約・お問い合わせはこちら0466-53-7715
〒251-0052
神奈川県藤沢市藤沢600松涛園ビル1F
  • 診療時間
  • 地図
  • メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

管理栄養士ミニコラム⑤ 栄養指導ってどんなイメージですか?

2021年11月19日

当院では初めて栄養指導を受ける患者様も多くいらっしゃいます。

初めてでなくても、病院によってやり方は様々ですので、受けられる方は少なからず不安を抱えていると思います。

 

そこで今回は、栄養指導がもっと身近なものに感じていただけるよう、栄養指導の概要を書いてみたいと思います。

 

 

 

① 栄養指導 初回までの流れ

 

診察で医師が治療上必要と判断した場合、栄養指導のご予約をとらせていただきます。

(お時間が可能でしたら当日行わせていただく場合もございます)

 

その際、食事記録用紙をお渡しして次回までにご記入をお願いしております。

 

 

    

 

これを見ると、色々言われたらやだなあ…と思うかもしれませんが、決して粗探しをするツールではございませんので

日記のような感覚で書いてきてくださると幸いです。

 

 

 

② 栄養指導 初回

 

初めにご要望・困っていること・栄養指導に対するイメージなど、いくつか質問させていただき、患者様のご性格やお気持ちをなるべく汲み取るようにいたします

その後ご記入いただいた食事記録用紙を一緒に拝見しながら、詳しく内容をお聞きしていきます。

 

 

例えば外食に行く方は「よく行くお店はどこですか?」と伺ったり、菓子パンと記載のあった方は「よく買われるパンは何ですか?」とお聞きしたり

記録用紙を肉付けしていくことでその方の生活習慣をより把握していきます

 

それらを踏まえて、

 

“この患者様にはこの資料にしよう、この本にしよう、生化学的な説明をすると響きそう、

基本知識はあるので実践に結び付けるアプローチ案を一緒に考えよう、まずは基本的な知識を知ってもらおう”

 

などと一人ひとり異なった指導内容を考えます。

 

そして実現性のある行動目標を一緒に立てていきます。

 

 

これが一般的なパターンですが、メインで聞きたいことを予めお持ちの方もいらっしゃいますので

そのような方は限られたお時間内でにはなりますが、その内容中心に進めさせていただくこともございます。

 

 

 

③ 栄養指導 2回目以降

 

継続で行うかどうかは、疾患の程度等で医師・管理栄養士が判断いたしますが

食習慣をすっと切り替えられる人はなかなかいません。

 

決めた目標をやってみたけど

難しかった、続かなかった

→ではどうしたら続くか?

他の面からのアプローチ方法はあるか?

 

こういったトライ&エラーを繰り返すことがとても大事です。

 

一人だと続かなかったらそこで辞めてしまう方が大半ですが、栄養指導は月1実施になりますので

2回目以降は一緒に振り返る場としても活用していただきます。

 

また回数を重ねると患者様の性格やお考えもさらに共有でき、より個別対応の栄養指導ができるようになります。

 

例えば外食で○○屋さんによく行く、という方には、お店のカロリーの一覧と推奨メニュー資料を次回までに用意することもございます(笑)

 

 

④ 大事にしていること

 

食に関する正しい情報・食事療法のやり方・メディアで話題のトピックなど、専門家ならではの知識の提供はさせていただく前提ですが、

指導者という立場上「こうしてください」「それは違います」など、そういった言葉をつい述べてしまいがちです。

 

いわゆる「ティーチング」と言われるものですが、そうではなくあくまで

“患者様のなりたい目標への自発的な行動をサポートする立場”

であることを大事にしています。(ちなみにこれを「コーチング」といいます)

 

 

お食事は毎日のことですので、食事療法がストレスになったり、これで合っているのか不安になったり、上手くできない自分が嫌になったり、メニューに困ったり…。

 

初めはそれが普通です。

最初はその悩みや辛さを一緒に共有しながら、ご自身にあったやり方を見つけていけるよう、身近な専門家としてサポート出来たら嬉しく思います。

 

当院 管理栄養士より